火災保険のマル秘ポイント

火災保険の上手な加入方法

どのような保険でも同じですが、火災に関しても補償額が増えればそれだけ、掛け金の負担額が増えることになります。

災害に対する補償をするのはよいことですが、掛け金が多すぎるのは、良くないでしょう。

加入する時は、必要な補償だけを付ければ、掛け金の負担を抑えることができます。

たとえば、水害の被害を受けるかどうか考えてみましょう。マンションの2階から上の階や高台ある家屋は、浸水被害を受けるリスクが少ないのではないでしょうか。

ですから、火災保険に加入する時に床上浸水を対象にした補償を省くことができます。

このようにして、居住地域の防災マップを活用しながら、リスクの高い災害を対象にした補償を選べば、掛け金の負担を低く抑えることができます。

もちろん、災害のリスクを考える時は、慎重になることが大切です。

特に不安な災害があれば、補償額を増やすことができるので、補償内容を考え直してみましょう。

さらに、火災保険に加入した場合、一時払いや長期契約を選べば、掛け金が安くなります。

万が一、途中解約があっても、手続きをすれば、支払った掛け金を返還してもらうことができます。

今後、家屋を新築する時は、火災保険を上手に利用した方がいいでしょう。

たとえば、耐火性能のある鉄骨鉄筋コンクリート造りの家屋や防災効果のあるオール電化住宅に着目しましょう。

火災に対するリスクが低くなれば、掛け金を抑えることができるので、家計への負担が軽くなるでしょう。

とにかくあれこれ書きましたが、一番大事なのはやはり自分が加入する火災保険をしっかりと調べることです。

決して他人任せではなく、自分のライフプランに合わせた火災保険を金融会社一覧からキチンと調べていくことが何よりも重要です。

ファイナンシャルアドバイザーの意見や保険代理店の意見などはあくまでも参考程度に聞いておくこと。

結局最後は自分で決めないと、後々後悔することにもなりかねません。