Top > 火災保険のこと

火災保険のこと

火災保険のこと一覧

免震建築に対応する割引率

自然災害に対応するのが地震保険ですが、割引制度があるので活用した方がいいでしょう。 地震や噴火、津波などが災害補償の対象ですから、自然災害に備えて地震保険に加入しておいた方が安心です。 いろいろな割引制度を利用することで、割引率が違ってきます。 免震建築物割引なら30パーセント、耐震診断割引で10パ

免震建築に対応する割引率の続きを読む>

総合的な補償範囲とは

住宅火災保険や住宅総合保険、団地保険に関しては、災害を対象にした損害補償が目的ですが、最近は、それぞれの会社が独自に災害補償の枠を広げて、総合的な補方ができるようにしました。 ですから、加入者は、オールリスクタイプを選ぶことができるようになっています。 これまでは、住宅総合保険の補償対象にならなかっ

総合的な補償範囲とはの続きを読む>

価額協定特約について

損害補償を充実させる価額協定特約を付けておけば、災害による損失補償が可能になります。 家屋の新築費用だけでなく、家財についても再取得に必要な費用を賄うことができます。ですから、価額協定特約を付ければ、損害費用が全て支給されることになります。 特に家屋や家財に関しては、年数と共に時価額が下がるので、火

価額協定特約についての続きを読む>

保険料金のあらまし

火災保険の料金について、その設定法を考えてみましょう。 まず、基準になるのが、再調達価額と時価額のどちらかになります。どちらかを基準にして料金の設定を行います。 再調達価格の場合は、災害時に現状の家屋と家財を再び購入する費用を賄う金額になりますが、時価額の場合は、家屋や家財を再び購入するための費用で

保険料金のあらましの続きを読む>

上手な加入方法

どのような保険でも同じですが、火災に関しても補償額が増えればそれだけ、掛け金の負担額が増えることになります。 災害に対する補償をするのはよいことですが、掛け金が多すぎるのは、良くないでしょう。 加入する時は、必要な補償だけを付ければ、掛け金の負担を抑えることができます。 たとえば、水害の被害を受ける

上手な加入方法の続きを読む>

補償対象外の範囲について

災害被害を補償する火災保険に加入していても、実際に被害を被っても、十分な補償金が支払われるとは限らないのです。 たとえば、時価額で保険金の設定をした時は、十分な補償金が支払われません。 時価額で設定してしまうと、家屋や家財の時価額が年数の経過と共に下がってしまうので、災害時に補償金を受け取っても、家

補償対象外の範囲についての続きを読む>

契約の手順について

どの場合も同じですが、火災保険は契約が完了して初めて補償がスタートします。 まず、契約には手順があります。契約書に記入するだけで完了するわけではないので、確認しておきましょう。 火災保険の場合は、物件の種類によって、契約内容が違います。住宅か一般か工場かを区別します。 それから、災害補償の範囲を検討

契約の手順についての続きを読む>

共同住宅の場合

戸建の住宅以外に団地や高層マンション、アパートなどを対象にした補償があります。 耐火構造の集合住宅と家財を補償するのが、この団地保険の特徴です。 そのほとんどが、住宅総合の損害補償と同じ補償内容ですが、集合住宅向けに特別な補償が付いています。 たとえば、修理や賠償、団地内での障害や交通事故も補償の対

共同住宅の場合の続きを読む>

保険請求の方法

実際に災害を被ったら誰でも、動転してしまうでしょう。でも、今後のために心を落ち着けて対処することが大切です。 まず、身の安全を確保してから、保険会社に連絡をするようにしましょう。状況を上手く説明できるようにしておく必要があります。 連絡が遅れると、後々面倒なことになるので、加入している保険の適応範囲

保険請求の方法の続きを読む>

保険金の受取方法

さまざまな災害がありますが、実際に被害を被った場合は、保険会社に連絡をする必要があります。 もちろん契約をしていることが条件になりますが、請求手続きをしなければ、損害補償の対象にはなりません。 災害に遭ってしまったら、まず、担当者と話し合って、補償の対象になるかどうかを確認しておきましょう。 連絡を

保険金の受取方法の続きを読む>

火災保険の上手な加入方法

どのような保険でも同じですが、火災に関しても補償額が増えればそれだけ、掛け金の負担額が増えることになります。 災害に対する補償をするのはよいことですが、掛け金が多すぎるのは、良くないでしょう。 加入する時は、必要な補償だけを付ければ、掛け金の負担を抑えることができます。 たとえば、水害の被害を受

火災保険の上手な加入方法の続きを読む>

 |