Top > 火災保険のこと > 保険料金のあらまし

保険料金のあらまし

火災保険の料金について、その設定法を考えてみましょう。

まず、基準になるのが、再調達価額と時価額のどちらかになります。どちらかを基準にして料金の設定を行います。

再調達価格の場合は、災害時に現状の家屋と家財を再び購入する費用を賄う金額になりますが、時価額の場合は、家屋や家財を再び購入するための費用ではなく、年数経過でマイナス評価になる時価額で金額を設定されます。自己再建のための補償額を考えると、再調達価額の方がおすすめです。

その理由を考えると、10年前に2000万円で購入した家が、現在の時価額では1800万円になりますが、再調達価格で考えると2500万円に増額されるからです。

家屋に対する評価が違うので、生活再建ができる方を選ぶことが大切ではないでしょうか。

時価額では、災害に遭った時に十分な費用が支給されないので、家屋や家財の際購入が困難になってしまいます。ところが、調達価格の場合は、災害時に十分な損害補償金が支払われるので、家屋や家財の購入が簡単になります。

実際に再調達価額を基準にして災害補償の金額を決定する場合は、価格協定特約への加入が必要ですが、中には、再調達価額だけで補償の金額を決める会社もあります。

特に再調達価額で補償の金額を決めた場合、どちらも不満になるかも知れません。

再調達価額と比較して保険金額が低めに設定されると、保険金が少なくなってしまいます。

それだけでなく、再調達価額より高く設定されると、限度額いっぱいになるので、十分な保険金を受け取ることができなくなってしまいます。