Top > 火災保険のこと > 共同住宅の場合

共同住宅の場合

戸建の住宅以外に団地や高層マンション、アパートなどを対象にした補償があります。

耐火構造の集合住宅と家財を補償するのが、この団地保険の特徴です。

そのほとんどが、住宅総合の損害補償と同じ補償内容ですが、集合住宅向けに特別な補償が付いています。

たとえば、修理や賠償、団地内での障害や交通事故も補償の対象になります。

さらに、集合住宅は耐火構造になっているので、火災だけでなく自然災害に対しても被害を最少に抑えることができます。ですから、団地保険は住宅総合の損害補償よりも、かなり安い掛け金で加入することができます。

その他、居住区域とは別に、家財も補償の対象になり、地震災害への補償にも加入できます。

住宅総合の損害補償にはない独自の補償がある上に、掛け金の設定が低く抑えれていて、地震災害にも対応できるのですから、嬉しい限りです。

団地保険の補償は、災害にも対応していて、火災、破裂・爆発、落雷、風災・ひょう災・雪災、建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊だけでなく、別室の事故被害や水漏れや盗難似も対応できます。

その他、臨時費用、残存物取片付費用、失火見舞費用、傷害費用、損害防止費用、地震火災費用なども補償の対象になります。

団地保険は、補償の範囲が広いだけでなく、集合住宅独自の補償を追加しているのが特徴です。掛け金が低く設定されているので、誰でも気軽に加入することができます。

地震対策にもなるのですから、加入を検討した方がいいでしょう。