Top > 火災保険のこと > 価額協定特約について

価額協定特約について

損害補償を充実させる価額協定特約を付けておけば、災害による損失補償が可能になります。

家屋の新築費用だけでなく、家財についても再取得に必要な費用を賄うことができます。ですから、価額協定特約を付ければ、損害費用が全て支給されることになります。

特に家屋や家財に関しては、年数と共に時価額が下がるので、火災保険の加入年数が長くなると、実際の損害補償額は、年々減ってしまいます。

万が一火事の被害を被っても、家屋や家財の時価額しか損害補償金を受け取ることができません。

ですから価額協定特約を付ければ、損害補償の範囲内で住宅の再建や家財の購入ができます。この価額協定特約は、住宅総合保険以外でも自由に付けられるし、保険料のの負担が増えることはありません。

価額協定特約は火災保険に付けることができますが、家屋や家財に関する再調達価額を決める時に適正価格を決めておくことが大切です。

特約を付ける時に、価格が適正でないと、実際に災害にあった時に不十分な補償額しか支給されません。

たとえば、実際の再調達価格が4千万円の場合に、再調達価格を2千万円に設定してしまうと、災害で被害が出ても、2千万円を上限にして支給されるので、再調達が難しくなってしまいます。

補償額を増やすと、掛け金も増えるので注意が必要です。

年数の経過と共に物価が変動するので、価額協定特約で加入時に決めた再調達価額が割増になることも考えられるでしょう。

価額協定特約を付ける場合は、設定価格に細心の注意をはらいましょう。