Top > 火災保険のこと > 保険金の受取方法

保険金の受取方法

さまざまな災害がありますが、実際に被害を被った場合は、保険会社に連絡をする必要があります。

もちろん契約をしていることが条件になりますが、請求手続きをしなければ、損害補償の対象にはなりません。

災害に遭ってしまったら、まず、担当者と話し合って、補償の対象になるかどうかを確認しておきましょう。
連絡をする時は、必要事項があるので、できる限り書類を揃えておく必要があります。

この段階では、担当者からアドバイスを受けることができるので、公共機関の支援サービスなどに付いても確認しておくといいでしょう。

損害補償金の請求には、請求申請の書類を提出する必要があるので、担当者から提出書類を受け取りましょう。

申請の手続きが始まったら、損害保険登録鑑定人が被害状況を調べて、災害の状況やレベルを判断することになります。

これとは別に、簡単な修理見積書と現場の証拠写真を提出することもあります。

必要な手続きがすべて終了すると、損害補償金の算定を済ませてから、支払う準備を始めます。損害補償金を支払う場合、特約や費用保険金に限っては、送金方法が違うので注意しましょう。

特約火災保険の場合は、損害補償金として住宅金融公庫に対して支払いがあります。

その他に関しては、指定の口座に送金されますが、支払い明細書は別途、書類が送られて来ることになっています。

実際に被害を被ると、必要な書類を揃えるだけでも大変ですが、担当者のアドバイスを受けながら、できるだけ早目に損害補償の請求手続きを済ませるようにしましょう。